どんなお薬なのか|バルトレックスでヘルペス撃退〜効果的な治療薬を〜

どんなお薬なのか

指でつまむカプセル

ヘルペスの症状が出た際には、基本的に薬物療法を行ないます。ヘルペスの治療薬にはいろいろな種類がありますが、その中でもここえはバルトレックスについて紹介します。
バルトレックスと呼ばれる薬はヘルペスなどの炎症を抑える際によく処方されるお薬です。
服用することによってヘルペスウイルスの働きを抑制し、炎症を鎮静させます。
初期の症状に服用すればするほど高い効果が得られますので、バルトレックスでヘルペスの治療をするという場合には早期発見早期治療が重要となってきます。

バルトレックスは錠剤タイプの治療薬となっており、水と一緒に服用します。
症状によって服用する量は異なりますが、初期であれば1日1錠を2回5~10日間ほど服用します。症状が再発したという場合にも同じように服用します。多くの方は症状が出たときにバルトレックスを服用しますが、再発を抑制したいという場合には1日1錠を1回、1年間継続して服用します。
継続して服用することで、再発のリスクを大幅に軽減してくれます。

しかし、継続して服用するとなれば、大量のバルトレックスの購入が必要です。病院で毎回処方してもらうのは面倒、薬代が高価で心配…こうした場合には通販で購入するという方法があります。通販であれば、お薬代の費用を抑えることができますので、再発予防ができるでしょう。